「相続は100通りでも、ソフトはこれ1本で万全です!」相談から財産の評価、相続税額計算、申告書作成まで、一連の相続管理業務が2in1win相続管理システム一本で完結!
  • 業界唯一!相続管理業務に特化したソフトの決定版!!2in1winの相続管理システム!
  • 半日ほどかかってしまうかげ地の計算を、自動計算機能で5分に短縮!!
  • オンラインデータを駆使して、複雑な土地や株式の評価を自動計算!!
  • 豊富なシミュレーション機能でユーザニーズに合った財産分割を想定!

かげ地の自動計算機能(1):機能一覧

2016-04-27

かげ地計算システムは、財産評価基本通達20 に明示された方法のうち、不整形地の地積を間口距離で除して算出した計算上の奥行距離を基として求めた整形地により計算する方法を用いて、かげ地割合を算出するものです。計算した結果は、相続管理システムに取り込むことにより、不整形地補正率を算出し、宅地の評価(路線価方式)算定をする際に奥行価格補正)、二方路線影響加算などとともに、不整形地補正の画地修正として利用することができます。

■ 読み込むことができる画像ファイルの形式
1 PDF、TIFF、JPEG、PNG、GIF、BMP

■ 画像を読み込むフィールド(領域)
1 かげ地計算図面(図面を読み込む領域です。かげ地割合の計算はこの領域で行います。)
2 補助図面領域(住宅地図や現場写真を読み込むことを想定した領域です。)
3 用紙サイズの編集領域と領域外の境界を表示

■ 図面編集機能
1:背景画像に関するもの
・縮尺設定: (1/100~1/1200)。選択肢にない縮尺は手入力も可能です。
・画像追加: 複数の画像ファイルをフィールドに追加する機能です。
評価対象地が複数の図面に跨っているような場合に利用できます。
・画像移動: 背景の画像をマウスのドラッグで移動する機能です。
・画像回転: 背景の画像を反時計回りに90 度回転させる機能です。
・画像を隠す:評価対象地以外の画像を隠す機能です。

2:評価対象地に関するもの
・直線認識: マウスポインタ下の背景画像の直線を自動認識する機能です。認識した直線は茶色に変化します。
・境界点指定:境界点を指定(クリック)して直線を描く機能です。通常はこの機能をON にして利用します。
・境界点移動:想定整形地を確定した後に、境界線の接続点をマウスで移動する機能です。
・間口切替: クリックして指定した辺を新しい間口にする機能です。
※間口として複数の辺を指定する場合は、CTRL + クリック
・図形クリア:背景画像の図形(想定整形地等の図形描画)をクリアします。
・整形地追加:評価対象地が複数ある場合に、それぞれの想定整形地を作成します。
計算結果ファイルは評価対象地ごとに作成されます。
・小 数: 小数以下の表示を第(1~5)位まで設定することができます。
・四捨五入: 表示桁未満を四捨五入します。
・切り捨て: 表示桁未満を切り捨てます。

3:図形加工に関するもの・・・主に補助図面領域で使用することを想定
・直線追加 : マウスをドラッグして直線を描く機能です。
・ボックス追加: テキストボックスです。マウスをドラッグして、文字入力範囲を作成し、
プロパティの最下部にあるテキスト入力欄に文字を入力します。
・対象選択 : 図形を選択して編集する際に使用する機能です。

4:拡大縮小表示
・読み込んだ図面等を拡大縮小表示する機能です。図面を拡大して境界点を指定する際に便利な機能です。

5:表示
・孤立点表示:境界の未接続点を表示する機能です。
・寸法表示: 想定整形地及び間口の寸法を表示する機能です。初期設定は、「on」の状態です。
・画面コピー:フィールドに表示された画面をそのままハードコピーする機能です。

6:印刷配置
・相対位置: 想定整形地(評価対象地)が、スクロールした位置に配置するように調整する機能です。
・中央位置: 想定整形地(評価対象地)が用紙の中央に配置されるように調整する機能です。
・範囲指定: ドラッグで指定した範囲を印刷する機能です。

Copyright(c) Basic Business Computers Inc. All Rights Reserved.