導入をご検討の司法書士の先生からよく頂くご質問(1)

q 相続税や贈与税の計算は税理士の先生に任せています。このソフトを利用する価値はあるのでしょうか

a 税理士の先生も相続管理システムを利用している場合は、データのやり取りが可能です。相続人等の戸籍調査、資料収集は司法書士の先生が担当し、相続人の確定、相続関係説明図の作成を行います。同時に不動産の情報も本システムに入力します。このように司法書士の先生が得意とされる分野のデータを作成し、ファイル形式で税理士の先生にメール送信することができます。税理士の先生は、本システムにデータを取り込み、引き続き不動産も含めた全ての財産の適正な評価を計算し、財産の分割を確定します。分割後のデータを再び司法書士の先生がシステムに取り込み、登記の申請をします。